RSS | ATOM | SEARCH
一緒に喜んでください
少し前になりますが、小学校のPTAのフェスタがありました。
フェスタ…PTAの文化祭のようなものですが、この3年間「あそぼうさい」と銘打って「楽しみながら防災を考える」イベントを行っています。
手前味噌になりますが、なかなかすごいんですよ。これが。
あそぼうさいの写真

ボクは本部役員なので、運営側なのですが、そのため、自分の子どもたちの世話がなかなかできません。
…役員も親子で参加できるように、いろいろ工夫はしているのですが…やはり、ちょっと難しいです。
役員さんたち

でも、参加時間帯の定められているイベントや昼食等々子どもとの連絡を取って一緒に行動しなければならない事柄がいくつかあるのです。
そこで、我が家には、そういう時のための秘密兵器があります。
それは…「みまもりケータイ」です。
ボタンが1つしかない、親機にしか電話をかけられないケータイです。
(電話を受けられるのも、親機で登録設定した番号のみ!です。)
いつもは冷蔵庫の上の充電器に鎮座していますが、こういう時だけ、子どものポケットに出動するのです。
さて、フェスタが終わって、片付けも終わって、ようやく家に帰って、「みまもりケータイ」を充電器にセットしようとしたところ…
「あれ? 無い?」

子どものポケットに「みまもりケータイ」がありません。

ボクのケータイから、みまもりケータイにかけてみました。どこかで呼び出し音が鳴るかな…?
…どこからも聞こえません!

「車の中かな?」
(すみません。小学校はすぐ近くなのですが、荷物の運搬があり、車で行ったのです。)
駐車場に降りて行って、ライトをつけて車の中(座席の隙間まで)や周囲を探しましたが、見当たりません。

こうなったら、みまもりケータイの必殺技「GPS位置確認」!
……と、思ったのですが、それができるのは親機(妻のケータイ)のみで、折り悪く、妻は外出中のために使えません。

…結局、その晩は何もできず、翌日の日曜日は朝から晩まで集会で探しに行けず、翌月曜日の朝、ようやく、妻のケータイに届くGPS情報の場所に探しに行けたのです。

最新の位置データを取得しようと、みまもりケータイにコールするのですが、反応がありません。

電池切れかな?

ともかく、土曜の晩の位置データの場所に行ってみました。
妻と2人で探したのですが、見当たりません。
そうこうするうち、ボクは出勤時間になってしまい、妻がもう少し探す、ということで…。
職場に着いて少しして妻から「見つからなかった」とのメールが来ました。
……どうしよう?

ところが昼休みになって妻から
「みまもりケータイから反応あり!移動している様子。誰か拾ってくれたらしい。」
とのメール!
早速、みまもりケータイに電話してみると…
繋がりました!!
電話に出てくださったのは教頭先生。
拾った児童が、職員室に届けてくれたのです。

よかった〜!

仕事を終えてから、小学校に寄って、みまもりケータイを受け取ってきました。

いやぁ、失われていたものが見つかって、帰ってくるのは、嬉しいものですね。

今、みまもりケータイは、冷蔵庫の上の充電器に鎮座しています。
あるべき所にあるべきものが戻ることは、感謝なことですね。

そういえば、聖書には「失われていたものが見つかる(回復する)」話が、しばしば登場します。
聖書の主要なテーマの1つと言えるでしょう。

振り替えって見れば、ボクも失われていたものでした。
「私たちはみな、羊のようにさまよい、おのおの、自分かってな道に向かって行った。」(聖書 イザヤ書53章6節)
でも、イエス様の十字架のゆえに、居るべき所…神様の元…に戻ることができたのです。
これは、ボクにとっても感謝なことですが、神様の側からしても、嬉しいことなんですね。
「ひとりの罪人が悔い改めるなら…喜びが天にあるのです。」(聖書 ルカの福音書15章7節)
author:sa-ru(会堂管理人 おさる), category:PTA, 16:41
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:41
-, -
Comment









Trackback
url: http://sa-ru.jugem.jp/trackback/516