RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
人間の目って…
庭の紅梅が散り初めました。
そして、白梅が咲き初めました。
白梅の咲き始めた枝
花の咲く時期が微妙にずれるんですよね。

ところで、先日、紅梅の満開の写真を掲載しましたが、実はボクとしては非常に不満足な写真なのです。

庭に咲いている紅梅は、ボクの目にはとても綺麗に見えたので、ケータイで写真を撮ろうとして画面を見たら…
なんじゃコリャ?
枝がツンツンゴミゴミしていて汚〜い?
画面から目を離して、現物を見ると…花が綺麗に咲いています!
画面を見ると、やはり枝がうるさくて汚い…。
おかしい!!

写真の腕…の問題が大きいのだとは思いますが…
この差はそれだけではないような…。

とりあえず、不満足でも、無いより良いだろう、ということで、数枚撮って、その中の比較的ましなものを掲載したのです。

でもねぇ。
なんなんでしょう?
いい写真テクニックをご存じの方、おられたら教えてください。

でも…テクニックの問題だけではないような気がします。
人は目や耳から入ってくる情報を、取捨選択して脳に送っているそうですね。
実際の様子は写真のとおりなのに、ボクの目が(梅の木への愛着ゆえに)うるさい枝を目立たなく画像処理をして脳に送っている…ような気がします。
思うのですが、ボクたちの目や耳は、意外と真実をとらえていないのではないでしょうか。
例えば、自分の子ども…特に赤ちゃんの時…は、他の子どもたちより、断然可愛く見えますよね。
……多分、事実は違うのです。
でも、親の目にはそう見えるんですよね。
……まぁ、勝手だとは思いますが…この機能ゆえに、親子が成り立つ…のかもしれません。

気分を反映した情報操作を自分で自分にしている…って凄いですよね。

「問題点を見えなくさせる」のは、他者に対して働く場合は「愛は多くの罪をおおう(聖書 1ペテロ4:8)」ようにプラスになりますが、自分もしくは自分サイドに働くと…
恐ろしくはた迷惑ですよね。
気を付けないと。

逆に、どんなに素晴らしい真実が有っても、気分次第では全然素晴らしく思えない…こともあるわけですね。
気持ち次第で世界が変わって見える…ということってありますよね。

「神様からの恵みが溢れている」という真実を、自分の気分のさざ波で見失わないようにしたいものです。
紅梅を階段の上から見た図紅梅を外階段の上から撮ってみました
author:sa-ru(会堂管理人 おさる), category:ガーデニング(庭いじり), 17:05
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:05
-, -
Comment









Trackback
url: http://sa-ru.jugem.jp/trackback/472