RSS | ATOM | SEARCH
特別集会、無事終了
「秋の公開聖書講座」は無事終了いたしました。
あいにくの雨で、参加人数は少なかったのですが、その分、参加された方々は密度の濃い時を過ごせたのではないかと思います。

ボクは、いつものごとく、公開聖書講座の時間は「託児」に入っていたので、これから録音を聞きたいと思っています。
でも、クリスチャン向けの聖書学び会には出られましたので、そちらはたっぷり味わうことができました。
講師のFさんは、ボクが子どもの頃からお世話になっている方で、温厚な人柄の中に強い芯のある方です。お年をめされましたが、深みと厚みが更に増していることを感じました。

今回、Fさんが語られたことの中で、特にボクの印象に残ったものがあります。
それは、出エジプト記の最初で、モーセを拾い上げた王女にミリヤムが「乳母を連れてきましょう」と言った場面からの学びでした。
ミリヤムはただ「神さま、弟を助けてください」と祈るだけでなく、神さまが備えた機会に適切に行動したのです。
ミリヤムの信仰に基づいた行動がなければ、モーセが実母の元で育つことはなかったでしょう。
私たちも、祈ってただ待つのではなく、祈って神さまの知恵をいただいて行動していきましょう。
…というものでした。

イエス様と共に歩む人生とは、怠ける人生ではありませんね。
イエス様から知恵をいただき、時を正しく見分けて、適切に行動する者でありたいです。
日曜学校の工作「聖句入りケン玉」
「聖書講座」と並行して行いました託児(日曜学校)の工作で作った「暗唱聖句入り」ケン玉ならぬ「カップ玉」です。
author:sa-ru(会堂管理人 おさる), category:ご報告, 08:32
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 08:32
-, -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。